修一通信 - ひとりごと
 

修一通信

記事に関して不快な点があり、削除希望がありましたら申しつけください。
 
 
お知らせ

心の自立

新品価格
¥800から
(2010/11/14 18:05時点)


人に向かわず天に向かえ (小学館101新書 18)

新品価格
¥777から
(2010/11/14 18:08時点)


ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)

新品価格
¥730から
(2010/11/16 07:03時点)




ダスキンの新商品
☆shushu

↑画像をクリックするとダスキンHPへジャンプします。
☆うちねっとでの記事は
shushu隊結成!!
「〇〇〇〇が
  キタ~~~~~!!」

↑をクリック

☆修一通信での記事は
「超!新商品!!出現」
↑をクリック

紫外線対策は?
ダスキンの化粧品でバッチリ

手肌の乾燥対策は?
ダスキンモイスチュア&ホワイトニングクリーム

カカトのガサガサ対策は?
ダスキンソフト&モイスチュアクリーム



リニューアルして登場!!
まぐろのパティが美味い
出船バーガー
200904201029000_出船バーガー

ますます人気上昇中!
元祖いちき串木野 まぐろラーメン
200904222336041_酔匠

本物のカスタムオーダー
koya_02.jpg
↑テーラーコヤ↑




マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
いらっしゃいませぇ
検索フォーム
RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと 

予定変更して全くプライベートの話で、重い話です。
スルーしていてください。
自分の思いを整理するための独り言です。


とてもお世話になった方の娘さんから連絡があり、
私の恩人が亡くなったと聞いた。

26年前。
どうしようもなく、自分の進む道を失っていた自分に、
家族を犠牲にしながらも、私に進む道の入り口を見つけてくれた人。
この人がいなかったら、今の自分はありえない。

高校を中退して、どこにも行くところがなく、
とにかく、という感じでお世話になった方。
居候させてもらって、そこで教えてもらった「大検」
当時、年間11万人の高校中退がある中、自分もその中の一人で、
教えてもらった大学進学への道を選択することができるチャンスをもらえた。
大学行くより、早く独立したいんだ!と青いことを言っていた自分に
「世間を勉強するつもりで行くんだよ」と背中を押してくれた。
結果的には、世間も学業も大して勉強しなかった自分が情けないが…

色々な経緯があり、一旦、その方とのご縁が途絶えた。
しかし年賀状と中元、歳暮は今でも欠かしてない。
お世話になったことへの自分の罪滅ぼしだ。
自分のが居候することで、大きな迷惑をかけてしまったからね。

私が結婚して、まともな新婚旅行もできなかった。
でも、東京で仕事していたので、鹿児島から途中下車で、
その方の住んでいる京都で結婚の報告をさせてもらった。
よかったね。と笑顔で言ってくれて、別れた。
直接会ったのは15年前。それが最後だった。

その後、賀状や電話のやり取りがあった。
今年の賀状に「入院」の文字があった。
元々、体調を崩すことのある方だったので、
今回もそのパターンかな?と思い込んでいた。
でも、賀状に書くくらいだから深刻だったことに自分は気づいてなかった。
ホンッと、馬っ鹿だよなぁ。。自分

どん底の自分を支えてくれた人が亡くなるのは辛い。
世の習いとは言え、身に降りかかるとなるとわかっていても辛い。

辛くても、豪快に笑い飛ばしている姿。
弱さを出すときもあったけど、
「でも、なんとかなるもんやで」と最後は前向きになっていた姿。
きっと、無理もしていたのかもしれない。
自分に対して弱気ばかりの姿を見せるわけにはいかないから、
精一杯がんばっていたんだろう。

私への連絡先が残ってなかったらしく、家族は連絡しようがなかったらしい。
でも今の世の中らしいといえば、らしいが、
私のブログを娘さんが見つけてくれて、連絡をくれた。
鈍感な私に知らせるように仕向けてくれたんだな。
「お坊ちゃまやから、気づかへんのやって」
って言われているみたいな気分。

どんな最期だったのかは、わかんないけど、
おつかれさま。
心配かけたアホの一人は、鹿児島の地でがんばってます。
おきてがみ
↓おきてがみ クリックするとご訪問の記録となります。
おきてがみ

blogram投票ボタン

カテゴリ
最新記事
最新コメント
お気に入りのブログ
リンクです!



















お世話になります
お問い合わせ・メールはコチラ
コノキ ナンノキ キニナルキ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。